医者

がんと闘う精鋭部隊

がん細胞の特徴を見分ける

医師と患者

がんの闘病生活という表現はよく使われますが、患者さんの体内では免疫細胞もがん細胞と闘っています。がん細胞の生命力がこの免疫細胞の力を上回ることにより、がんという病気を発症するのです。発症後も免疫細胞はがんと闘い続けていますが、がんのもたらす症状や抗がん剤治療の副作用で免疫力も低下してしまいます。免疫治療は低下した免疫力を力強く復活させることを目的として開発されました。一口に免疫力と言ってもさまざまな種類の免疫細胞がその働きを担っており、種類に応じて多くの方法があります。体外から侵入する病原体や体内のがん細胞から体を守っているのは、血液中に存在するリンパ球です。リンパ球はT細胞やB細胞・NK細胞といった種類に分けられる中で、がん細胞を直接攻撃するのはT細胞とNK細胞です。このうちリンパ球の7割から8割を占めるT細胞を強化する方法が、がん免疫治療の主流となっています。T細胞はさらにアルファベータT細胞とアルファガンマT細胞に分けられます。前者はT細胞中の多くを占めますが、がん細胞の特徴を樹状細胞に教えてもらわなければ攻撃できません。数が少ない後者は自分でがん細胞を見分けることができます。

ゾレドロン酸で培養可能に

T細胞を使った免疫治療でも、採取が比較的容易なアルファベータT細胞療法は最も普及している方法です。がん細胞の特徴を教える樹状細胞と組み合わせることで、この方法は初めて威力を発揮すると言えます。一方でガンマベータT細胞は数が少ない上に、培養が難しい点も大きな課題でした。この問題を解決に導いたのがゾレドロン酸という薬です。ゾレドロン酸はがんの骨転移や骨粗鬆症の薬としても使われており、安全性が確認されています。ガンマデルタT細胞はこのゾレドロン酸に反応して活性化することが発見され、課題の大量増殖も可能になりました。がん細胞は免疫細胞の攻撃をかわすために、自身の特徴を巧みに隠そうとすることがあります。アルファベータT細胞が見落としたがん細胞でも、優れた判別能力を持つガンマデルタT細胞なら見逃しません。免疫細胞中の精鋭部隊だったガンマデルタT細胞を、ゾレドロン酸の力で強力に増強することが可能となったのです。この免疫治療は特に肺がんの患者さんで大きな効果を発揮しています。非小細胞肺がんには抗がん剤が効きにくいと言われていますが、こうした免疫治療が補うことで治療に大きな期待を持つことができるのです。