医者

再発がんとともに困難

癌細胞の最も厄介なところ

男女

がんの治療は困難を極めます。その理由の一つが転移がんです。癌の性質として他の臓器に影響を及ぼすことも多く、その進行は切除しても100パーセント完治させることを約束させることができないのです。転移以外にも再発もあります。これは病巣を切除しても切除しきれずに同じ場所に再度癌細胞が増殖する事です。再発と転移がんの両方が発生することもあります。そのためがん細胞を切除しても抗ガン剤や転移することが予想される場所にあらかじめ放射線治療を行うなど予防策を行う治療が一般的となります。特に転移がんは血液やリンパ節が集まりやすい場所である肝臓や肺などの臓器に生じることが多くこの臓器を集中的に放射線治療するなどの対策を施すのです。

共存することも治療方針

がんの再発や転移を100パーセント回避させることはできません。体に状況に応じて再発や転移に至った場合の治療法を考えていく必要があるのです。転移がんや再発がんが生じた場合には、手術して再度取り除くことは難しくなります。患者の体力は落ちているからです。そのため抗がん剤や放射線治療などによって治療を行う事になります。癌の症状を和らげることや進行を抑えることで現状の生活を最低限維持することになります。根絶が難しくてもいかに上手に共存していくかを考えることが最も望ましいのです。後遺症や副作用に苦しむことも少なくないため、これらの症状を和らげつつ、進行を抑えるための治療によって延命を行う治療もあるのです。